こんにちは。

京王線調布のマンツーマンゴルフレッスンスクール ゴルフォート仙川

喜田泰博です。

 

今日は初心者の方向けにゴルフレッスンのアプローチについて説明しています。

 

ゴルフ用語って本当難しいですよね。

 

上級者は何気なく使ってしまうゴルフ用語。

 

ところが初心者はちんぷんかんぷん。

 

こんなことありませんか。

 

アプローチの種類は、

実は結構たくさんあるんです。

 

私が初心者だった頃その違いについて

なかなか理解できませんでした。

 

理解するポイントは。

 

「キャリー」と「ラン」という言葉を覚えることです。

 

今回の説明では使うクラブはウェッジに絞ってます。

ウェッジというのはサンドウェッジ、アプローチウェッジ、ピッチングウェッジ

が一般的です。

 

今回は56°のサンドウェッジを使って説明してます。

 

56°が最も一般的なロフトだからです。

 

はいここでもまた聞き慣れない言葉が出てきましたね。

 

ロフトはフェース面の角度を表してます。

 

ロフトがあるクラブは球が上がりやすいです。

ロフトのないクラブは球は上がりにくいです。

 

というようなクラブの知識も少しずつつけてってくださいね。

では後は動画でご覧ください。