【ゴルフグリップ】

ゴルフのショットでは以下のような種類が有ります。

※パターは別の基準が有りますの

3種類ゴルフのグリップは機能的に3種類。

小指の絡め方による違いで3種類。

 

大きく分けてこのような考え方があります。

 

【まず小指の絡め方の種類の説明】

1、インターロッキンググリップ

2、オーバーラッピンググリップ

3、ベースボールグリップ

 

【ゴルフのグリップは機能的に3種類】

1、スクエアグリップ

2、 フックグリップ(ストロンググリップ)

3、スライスグリップ(ウィークグリップ)

 

このように分けることができます。

 

左手のグリップ右手のグリップも手のひらで握るタイプのパームグリップ

指先で握るフィンガーグリップ。

 

などと表現する場合もあります。

 

実際は手のひらと指先の間手握るようにします。

 

手の厚みのある方は、

比較的手の平で握る傾向があります。

 

それぞれのクリップで

スイング中フェースをスクエアに保つ意識の仕方が違います。

 

そこをクラブの動きと合わせて覚えるようにしてください。

詳細は動画をご確認ください。

 

【ゴルフアドレス】

ゴルフのアドレスは非常にチェック項目が多い基本部分です。

 

以下の通りむっつのチェック項目を設けてあります。

それぞれ動画を作成しました。

 

グリップアドレスの基本はできるだけでゴルフは本当に楽になります。

逆にここをおろそかにするとそこから先上達を遅くしてしまう場合もあります。

 

ボタンで言うと最初のボタンを掛け違えるようなものですね。

 

しっかりと基本を作ってください。

 

またラウンドの後半になるとアドレスは崩れる傾向にあります。

 

その場合は体力の問題もありますし、

技術の問題もあります。

 

〈アドレスチェックポイント〉

1、スタンス幅 

使用する クラブ や打ちたい距離によってスタンスの幅は変わります。

 

2、体のライン

スクエアに構えられてる状態というのはしっかりと覚えてください。

フックやスライス、打ちたい球筋によっても体のラインは変わります。

 

腰のライン、肩のライン、足のライン、 膝の ラインをチェックします。

 

3、重心

重心は前後の重心位置、左右の重心位置それぞれチェックが必要です。

アドレスの基本としてよく母指球に乗ると説明していることが多いですが、

必ずしもそれが正解と言う訳でもありません。

 

特に傾斜の場合には、傾斜に合わせたアドレスを取るということが必要になってきます。

フックやスライスを打ち分ける場合も重心の位置が変わる場合もあります。

 

4、前傾角度

前傾の角度は使用するクラブによって多少の前後はあります。

基本は前傾角30°程度という風に覚えてください。

 

そこを基準に番手で変化をつけます。

 

5、スイング軸

スイング軸というのはあくまでもイメージです。

イメージの仕方がいくつかあります。

 

その説明を動画の中でしています。

また軸というのも前傾と一緒で傾いた状態になってます。

 

ゴルフの場合は右手が下なので右に傾きます。

そしてスイング中もその傾きは大きくなります。

 

ここを理解してください。

 

6、セットアップ

アドレスに入るためのセットアップの説明です。

スイングする場合にはセットアップを一定の手順で行う必要があります。

 

これをルーティンと言います。

 

またルーティンの前の段階で同じ手順で入る習慣をつけると言う必要もあります。

練習中の習慣がゴルフ場でそのまま出てしまいますので。

 

普段から良い習慣をつけるようにしましょう。