【ゴルフスイングフォロースルー】

ボールをとらえた直後の動きです。

ですが。

フォロースルーをチェックすることで、

その前の動きが正しかったかどうかというのは大体分かります。

 

特にクラブが振り抜かれる方向に関して言うと。

それによって球筋がわかります。

 

実際。

 

ボールを打つ時のイメージ出しは

フォロースルーまでしっかり行うべきです。

 

体重はより多く左に乗る瞬間でもあります。

 

また。

 

上半身と下半身のねじれ捻転差で言えば。

 

バックスイングとは反対方向に体がねじれるというのが正しいイメージです。

 

ここは非常に誤解されやすいです。

 

ゴルフスイングは基本は振り子の動きがベースになってます。

 

なので。

 

バックスイングでは右に捻れる。

 

フォロースルーでは左に捻れる。

 

と大まかに理解していただいても大丈夫です。

 

そして手首の角度をアドレスと比較するならば。

 

分解写真や動画で限りは。

 

アドレスよりも手首のコックは解けているように見えます。

 

ですが。

 

プレイヤーが実際に振るイメージで言うならば。

 

アドレスの手首の角度以上に手首が解けることは有りません。

 

必要以上に手首のアンコック(リリース)を多く行うと、

クラブのトウでボールを捉えることになります。

 

ここからフィニッシュに向けて一気に振り抜きます。